JR北海道 函館運輸所 その2

(廃車←)キハ40 840(←キハ40 115)1977年3月富士重工製(昭和50年度3次債務車) 新製配置:苗穂

 

【運用線区】
函館本線:函館〜長万部、七飯→大沼(藤城線)、大沼〜渡島砂原〜森 ※2018年3月31日付け廃車→解体済
【搭載機関+変速機】
DMF15HSA(220PS/1600rpm)+DW10(変1/直1)
【台車】
DT44/TR227
【座席配置】
ワンマン仕様

セミクロスシート(デッキ付・初期型原形配置)

【定員】

96名

【冷房装置】

非搭載
【便所】
和式(循環式・汚物処理装置付)

【その他の仕様等】

・2-4位側機関吸気口閉鎖 ※釧路配属時に改造

・客室内装色:薄茶色4号

・初期型スカート

・タイフォン:大型外径

・ホイッスル(鹿笛)増設→2015年頃に撤去

【特記事項】

・旧100番台初期車では唯一の原形機関(直噴化未施工)車→廃車により消滅

【改番履歴】

115(落成時)→840(ワンマン化改造に伴う改番・1994年10月)

【その後の変更点】

・後部標識灯白色レンズ化(2017年7月)

 

↓DMF15HSA機関(吸気ルーバー閉鎖、エアクリーナ変更)

 

 

●キハ40 1792(←キハ40 792←キハ40 173)1980年8月新潟鐵工製(昭和54年度2次債務車) 新製配置:函館

【運用線区】
函館本線:函館〜長万部、七飯→大沼(藤城線)、大沼〜渡島砂原〜森
【搭載機関+変速機】
N-DMF13HZI(ニイガタ製・330PS/2000rpm)+N-DW40(変1/直3・自動式)
【台車】
DT44A/TR227A
【座席配置】
ワンマン仕様

セミクロスシート(デッキ付・原形配置)

【定員】

96名

【冷房装置】

非搭載
【便所】
和式(循環式・汚物処理装置付)
【その他の仕様等】
・延命工事施工車(2004年9月JR北海道五稜郭車両所)

・屋根上水タンク撤去
・2-4位側機関吸気口廃止

・後位側スカートは初期型類似のものを装着

【改番履歴】

173(落成時)→792(ワンマン化改造に伴う改番・1993年6月)→1792(延命工事施工に伴う改番・2004年9月)

【その後の変更点】

・後部標識灯白色レンズ化(2017年9月)

※画像追加(2019年4月18日)

 

↓客室内                      ↓前位側デッキ仕切り

 

↓後位側デッキ仕切り                ↓トイレ内部

 

 

 

●キハ40 1801(←キハ40 801←キハ40 172)1980年8月新潟鐵工製(昭和54年度2次債務車) 新製配置:函館

【運用線区】
函館本線:函館〜長万部、七飯→大沼(藤城線)、大沼〜渡島砂原〜森
【搭載機関+変速機】
N-DMF13HZI(ニイガタ製・330PS/2000rpm)+N-DW40(変1/直3・自動式)
【台車】
DT44A/TR227A
【座席配置】
ワンマン仕様

セミクロスシート(デッキ付・原形配置)

【定員】

96名

【冷房装置】

非搭載
【便所】
和式(循環式・汚物処理装置付)
【その他の仕様等】
・延命工事施工車(2004年11月JR北海道五稜郭車両所)

・屋根上水タンク撤去
・2-4位側機関吸気口廃止

・後位側スカートは初期型類似のものを装着

【改番履歴】

172(落成時)→801(ワンマン化改造に伴う改番・1993年5月)→1801(延命工事施工に伴う改番・2004年11月)

 

 

●キハ40 1803(←キハ40 803←キハ40 188)1980年7月富士重工製(昭和54年度2次債務車) 新製配置:苗穂

 

【運用線区】
函館本線:函館〜長万部、七飯→大沼(藤城線)、大沼〜渡島砂原〜森
【搭載機関+変速機】
N-DMF13HZI(ニイガタ製・330PS/2000rpm)+N-DW40(変1/直3・自動式)
【台車】
DT44A/TR227A
【座席配置】
ワンマン仕様

セミクロスシート(デッキ付・2-4位側1列化)

【定員】

103名

【冷房装置】

非搭載
【便所】
和式(循環式・汚物処理装置付)
【その他の仕様等】
・延命工事施工車(2004年5月JR北海道五稜郭車両所)

・客室改良工事(3列化)施工車(1991年10月JR北海道苗穂工場)

・屋根上水タンク撤去
・2-4位側機関吸気口廃止

・後部標識灯白色レンズ化

【改番履歴】

188(落成時)→803(ワンマン化改造に伴う改番・1993年8月)→1803(延命工事施工に伴う改番・2004年5月)

※画像一部入替(2019年4月18日)

 

↓客室内                       ↓前位側デッキ仕切り

 

↓後位側デッキ仕切り                 ↓トイレ内部

 

↓DT44A台車(空転防止装置付)           ↓N-DMF13HZI機関

 

↓函館色時代の外観(2016年9月)

 

 

●キハ40 1805(←キハ40 805←キハ40 209)1980年11月新潟鐵工製(昭和54年度3次債務車) 新製配置:函館

【運用線区】
函館本線:函館〜長万部、七飯→大沼(藤城線)、大沼〜渡島砂原〜森
【搭載機関+変速機】
N-DMF13HZI(ニイガタ製・330PS/2000rpm)+N-DW40(変1/直3・自動式)
【台車】
DT44A/TR227A
【座席配置】
ワンマン仕様

セミクロスシート(デッキ付・2-4位側1列化)

【定員】

103名

【冷房装置】

非搭載
【便所】
和式(循環式・汚物処理装置付)
【その他の仕様等】
・延命工事施工車(2005年2月JR北海道五稜郭車両所)

・客室改良工事(3列化)施工車(1992年6月JR北海道苫小牧運転所)

・屋根上水タンク撤去
・2-4位側機関吸気口廃止

【改番履歴】

209(落成時)→805(ワンマン化改造に伴う改番・1993年9月)→1806(延命工事施工に伴う改番・2005年2月)

【その後の変更点】

・後部標識灯白色レンズ化(2017年7月)

 

↓客室内                      ↓前位側デッキ仕切り

 

↓後位側デッキ仕切り                ↓トイレ内部

 

 

 

キハ40研究会 | JR北海道 函館運輸所 | 00:07 | - | - |
2/3PAGES | << >> |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH